Webもアプリも作れるReactでマルチな開発力を身につける

Reactというフレームワークをご存知でしょうか?
単純にReactというと React.jsという JavaScriptのフレームワークを指すのが一般的です。

Reactって何だろう?

このReactは、Facebook社が開発、公開しているWebサイトの制作を手軽に行えるようになるフレームワークです。

react_logo

アプリも作れるReactNative

しかし、ReactのパワーはWebサイトの制作だけにとどまりません。
Reactの仲間には、同じくFacebook社製のReactNativeというフレームワークもあります。
このReactNativeは、なんとReact.jsと同様の設計でスマートフォン向けのアプリケーションを開発することが出来ます。

opengraph

デスクトップアプリも作れるReact Desktop

さらに、react-desktopという、PCのアプリケーションを開発できるフレームワークまでが登場しています。(react-desktopはFacebook製ではありませんが)
react-desktop

Learning once, Write everywhere

このReactファミリーには、”Learning once, Write everywhere” という思想が根底にあります。

一度、Reactの書き方を覚えると、Webサイトかアプリかは関係なく、覚えたことを活かした開発が可能となります。

じつは、このReactNativeは、現在社内で利用を開始しています。
実際に、使ってみた体験談として、Reactファミリーは利用しやすく、一度考え方を身につけると、手放せなくなります。
私は、これまでアプリ開発経験はほとんどなかったのですが、ReactNativeを利用したプロジェクトには、自然にコミットすることができました。

このReactファミリーを利用する場合一貫して、JavaScriptで開発を行います。
つまり、JavaScriptを身につけて、一度Reactの標準的な使い方を学ぶだけで、Webもアプリも開発するスキルを身につけることができるということです。

同様に、JavaScriptを使ってアプリを開発するフレームワークは今までにもありましたが、ここまで全体を通して設計が一貫しているフレームワークはなかったように思います。

Reactファミリーを通して、マルチな開発者になるためにも、まずはJavaScriptの基礎力を身につけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク