ポケモンGOの英語版で出る「Gotcha!」ってどういう意味?

大人気のポケモンGO。
ポケモンを捕まえたときに「やったー!」と表示されますが、英語版のPokémon GOでは「Gotcha!」と表示されます。

pokemon-go-yatta

Gotchaって学校では習わない、あまり耳にしたことのない単語ですよね?

今日はそんなGotchaの意味について解説します。

スポンサーリンク
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)

Gotchaは略語です

Gotchaというのは単独の名詞や動詞ではなく、略語です。
何の略語なのかというと「Got you」の略です。
gotはgetの過去分詞形で、より正確に文章で書くと、「I have got you」(過去完了)あるいは「I got you」(過去形)の略と言えます。

Gotha単独で使うだけでなく、「I gotcha!」のように「I」を文頭に置く使い方もよくあります。

Gotcha → Got you の意味

Gotchaは「Got(捕まえた)+ you(あなたを)」の略ですから「捕まえたぜ!」という意味です。

ポケモン以外にも、警察が泥棒を捕まえたときにも「Gotcha!」は使えますね。

また、実際に人やモノを捕まえる以外に、「意味を捕まえた」→「理解した」という意味から、「了解!」という意味でも「Gotcha!」は使われます。
ただし、これはあくまでスラングですので、目上の人などには使わない方が無難です。

また、さらに意味が転じて「思った通りに捕まえられたぜ!」という意味から、単純に「よっしゃ!」という意味や、人を罠にハメたときなどに「やってやったぜ!」というような表現でも「Gotcha!」を使うことができます。

Got you…Got you…って言ってもGotchaにならん

さて、意味も分かった「Gotcha」ですが、「Got you」の略だと言われても、あまりピンと来ないですよね。

なんで「Got you」が「Gotcha」になるのかを理解するためには、
「Got you」→「Got ya」→「Gotcha」
というように「you」が「ya」に略されていることを知る必要があります。

英語ではリエゾンといって、音と音のつながりから発音が変化するケースがよくあります。

省略形の表現では「う」の音が「あ」になるケースが多く、みなさんも「want to」(ウォント トゥ)が「wanna」(ワナ)になったり、「going to」(ゴーイング トゥ)が「gonna」(ゴナ)、「kind of」(カインド オブ)が「kinda」(カインダ)になることを聞いたことがあるかもしれません。

いずれも最後の「う」の音が「あ」になっています。

なぜこうなるのかというと、速く発音しようとすると、口をすぼめて「う」というより、口を開きっぱなしで「あ」という方が楽なので、「う」の音が「あ」になりがちといえます(みなさんも「う」と口をすぼめるのと「あ」と口を開くのだったら「あ」の方が楽ですよね?)


いかがでしたか?

普段日本語で使っているポケモンGOも英語で使ってみると色々と英単語が学べて勉強になりますね。

ポケモンGOのようなアプリを作るのは大変ですが、スマホアプリの使い方が学べるオンライン講座をShareWis ACTで取り揃えています。
アプリに興味のある人は是非チェックしてみてください!

現役エンジニアが教える、はじめてのiOS 10アプリ開発入門

現役エンジニアが教えるAndroidアプリ開発入門

スポンサーリンク
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)
ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50 KIDS VERSION

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする