世界のおっぱい祭り少しまとめました。

ようこそ!世界のおっぱい祭りまとめへ。

スペインのエロ祭り

スペインにはこんな祭りがあります。そう、おっぱい祭り(嘘)

トマト祭り

スペインのバレンシアの西にある小さな町ブニョール(Bunol)で開催される、トマトを投げ合う祭り。11時頃に花火が打ち上げられるとトマトの投げ合いが始まり、観光客も含め、町中が真っ赤にそまる。1時間後に花火が鳴ると、投げ合いが終了する。トマトを用意するのは主催者のブニョ-ル市役所で、百数十トンをトラックで運び込む。トマトは投げる前に適度につぶす、他人(特に女性)の服を破らない、終わりの合図を厳守するなど、いくつかのルールが決まっている。会場はプエブロ広場が中心。開催時期は8月下旬。祭りが始まったのは1945年頃との説が有力である。若者が喧嘩でトマトを投げ合ったことが起源とされ、次の年にも同じメンバーがトマトを投げ合い、毎年行われるようになったという。途中で何回か禁止されたが、市民の要望が強く、1959年に市役所が定めたルールを守る前提で祭りが解禁された。スペイン国内のみならず世界中から観光客が集まる大きなイベントである。


実際の祭りの様子をどうぞ。

938AIOS128F90005

9362TMGD4FFC0005

スペインへ行きたくなったらスペイン語を学びましょう。

ドイツのエロ祭り

ドイツにはこんな祭りがあります。そう、おっぱry)

オクトーバーフェスト
ドイツと言えば、ビール!そう答える方も多いのではないでしょうか。
そんなイメージを象徴するのが、毎年ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されているオクトーバーフェスト。
きっかけは1810年、当時の皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚式を多くのミュンヘン市民が祝ったお祭りです。現在では世界で最も規模が大きいお祭りとして、ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する14の巨大ビールテントをはじめ、小さな屋台やアトラクションなど一日ではとても回りきれない広大な会場(その広さ、東京ドームの約9倍!)で多くのビールが飲み交わされます。
会場ではステージでの音楽や観覧車、ジェットコースターなどの移動遊園地など現代風に変化していますが、昔ながらの荷台にビール樽を積んだ馬車やブラスバンドの全長数キロに及ぶパレードは見所の1つとなっています。
ちなみに昨年は、640万人もの来場者によって、およそ700万リットルのビールが消費されたというから、まさに世界一のビール祭りですね。


実際の祭りの様子はこちら

509397fcfe58cf64

2f1aeb55e60dc8f0

はい、おっぱい祭り(笑)に参加したいならドイツ語を学びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク