聞こえた音を暗記!英会話表現は文章ではなく音で覚えよう!

7009029-02

英語を話せるようになるためにはまず簡単な言い回しを覚えてしまうということがよく言われます。最初は簡単な例文などの丸暗記から始まり、徐々にその暗記した例文数を増やしていく、これを繰り返していくと、定形文ではありますが会話ができるようになっているというものです。

しかし、この方法実は少し非効率なのです。実はこの暗記という作業にひと手間加えるだけで飛躍的に英語を身につけるまでの時間を短くすることができます。

フレーズと音はセットで覚える

英会話本を使って、ボキャブラリーを増やしていこうと思っている人は、必ずネイティブが発音しているCDか何らかの音声が付いたものを選びましょう。

辞書に出てくるフレーズや英会話フレーズ集から音を聞かずに発音のカタカナ表記とスペリングを覚えているだけの学習法は効率的ではありません。

なぜならその方法では、会話のダイアログを読むときには役立つでしょうが、実際の会話で会話のダイアログを読むことはあるのでしょうか?また、発音の仕方がわからないのに話すことができるのでしょうか?それに聞き取れますか?

630818_00002

これらの問題を解決するためにもフレーズと一緒にCDや音声で発音の仕方、すなわち音も覚えるようにしましょう。イメージとしては、フレーズを見ると日本語訳ではなく音が思い出されるという状態に持っていくことです。もちろん音を暗記するためには、CDの音声を聞いて、その音声をものまねすることが大切です。

このことは、カラオケで高得点を出すため、その曲を歌っている歌手の歌い方や声をマネするのに似ています。つまり、普段日本語を話しているときのトーンと歌を歌うときの音のトーンが違うように、英語を話すときのトーンと普段日本語を話しているときのトーンは異なるのです。いわゆる日本語のトーンのカタカナ英語が伝わらないのはそのためです。

学習法としては、英語フレーズと日本語訳が載ったもの、さらに音声を用意します。ですが、主目的は音を覚えること、フレーズを見ると音が思い出され、あなたの発音とCDの音声が同じになれば、次のフレーズの暗記に移る。それを繰り返す。最初は、なかなか音を暗記するのに時間がかかるかもしれませんが、英語の音に慣れてくるだんだん短い時間で覚えられるようになります。

この方法では、日本人特有の聞き取れないという問題と聞き取ってもらえないという問題に煩わされることもありません。なぜなら、ネイティブが話す英語の音を暗記しているからです。英会話学習で伸び悩んでいる方は、一度、音を意識して表現を増やすというメソッドを試して見てください。


いかかがだったでしょうか?

English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜
English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク