半沢直樹も受けた!?銀行員は新卒研修で自衛隊に!

「倍返し」が2013年の新語・流行語にも選ばれ、最終回の視聴率が42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、「やられたら、やり返す!」という胸のすくような筋書きが大人気だったドラマ『半沢直樹』。

ドラマを観ていて、本当に銀行員ってこんな感じなんだろうかと思いました。

謎が多い銀行の世界・・・
今回は、銀行員の新人研修で採用されているところが多い、自衛隊研修について説明します。

jieitaikenshuyoko

銀行では新人研修の一環として自衛隊への体験入隊が採用されているところがあります。

実際に北越銀行という銀行が新人研修で自衛隊の体験入隊を行っていることがニュースになっています。

 北越銀行(久須美隆頭取)は今年度の新入行員を対象にした研修を3日から5日まで、上越市の陸上自衛隊高田駐屯地で実施している。4日は高さ8メートルからロープを使い降下する山地訓練などを実施した。

同行は学生から社会人への意識・行動変革を図る目的で、平成22年から自衛隊研修を実施。昨年は東日本大震災のため中止。同行によると、研修を終えた行員は「行動がすばやく、あいさつもでき、人を思いやって動ける」など、確実に成果が出ているという。

新入行社員(24、長岡市出身)は「今までの甘えていた自分を、気持ちから直された思いがします。新しい体験をさせてもらいました。これからは度胸があって、人に頼られ愛される行員を目指します」と抱負を語った。

新人研修で自衛隊の訓練を体験するとは驚きですね!8メートルの高さからの降下って想像しただけで足がすくみます・・・すごいですね!

何のために自衛隊研修があるの?

主には、「集団生活に適応すること」が目的であるとされています。

また、自衛隊の体験入隊中は規則正しい生活を送ることになりますので、業務開始時間や終了時間に対する時間の意識をしっかり持たせることも目的の1つのようです。

銀行員の自衛隊研修って昔の話じゃないの?

実は今も行われています。

また、銀行に限らず、最近ではたくさんの企業が新人研修に自衛隊の体験入隊を採用しているところが増えてきています。

特に最近だと、学生気分を抜いてもらうために、まず自衛隊に体験入隊してもらう、といったケースが多いようですね。

半沢直樹、戸真利忍、近藤直弼も受けたかもしれない自衛隊研修・・・

興味ある方はぜひ調べてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク