初対面の人とのコミュニケーションで共通点を見つける方法

初対面の人とのコミュニケーションってどうしても緊張してしまいますよね。

何を話したらいいんだろう?と戸惑い、どんな話を振ったらいいか?

会話の切り口を見つけるのも一苦労。

本日は初対面の人とのコミュニケーションをスムーズに進めるコツをご紹介します。

syotaimen

初対面の人とのコミュニケーションでは共通点を探そう

コミュニケーションが得意な人は、相手との共通点を見つけることが上手です。

初対面の人で、少しイヤな人かも…、と思ったとしても、共通の話題で盛り上がることができれば、すぐに打ち解けることができます。

コミュニケーションの大原則は共通点探しなのです。

共通点を見つけること、話すことによって、相手に親近感をこちらに対して持ってもらえます。

逆に共通点を見つけることが苦手な人は、なかなか初対面の人と仲良くなることができず、コミュニケーションが下手な人と捉えられてしまいます。

共通点を見つけて、コミュニケーションをスムーズに行なうテクニックは、

  • 営業
  • 交渉
  • ナンパ

全てで効果を発揮する、重要なテクニックです。

その共通点探し、どうやってやるのかというと、これはもう第一に観察するしかないんです。それでもなかなか難しいですよね…。

抽象化を使って共通点を見つけよう

そんなときに役立つのが、抽象化です。

たとえばこんな感じ。

「どちらのご出身なんですか?」
「愛媛です。」
「えっ、ほんとですか!?僕徳島なんですよ!同じ四国仲間じゃないですか!」

いかがでしょうか。
出身地の話で、都道府県レベルでは2人は共通点なし、ということになってしまいますが、地域レベルになると、同じ四国という共通点が見つかりました。

同じような方法で、

  • 特定のアーティストが好き → 音楽のジャンル(ロックやクラシック)が共通
  • 釣りが好き → 野外で活動するのが好き
  • 犬が好き → 動物が好き

など、レベルを一段抽象的にすることで、共通点を見つけ出すことができます。

もちろん、先ほどの例で抽象度を上げまくって、

「僕は東京出身なんですよ。愛媛ってことは僕ら同じ日本出身ですね!」

とすると、共通点があまりにぼやけてしまいますので、抽象度のレベルを上げ過ぎるのは禁物です。

適切なレべルで抽象化を行い、共通点を見つけ出すことで、会話の糸口を掴み、コミュニケーションを円滑に進められるよう、今回ご紹介したテクニック以外にも、以下のコースでコミュニケーションについて学んでおきましょう!

会話のポイント!コミュニケーション術 基礎コース

会話のポイント!コミュニケーション術 基礎コース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク