英会話をマスターするためには英文法より感覚を磨こう

英語をマスターした状態というのは、英語を英語として理解し、話したり書いたりすることができる状態を指します。

つまり、
英語→英語
というインプットとアウトプットが理想的な状態で、日本語が途中で介在するような、
英語→日本語→英語
という流れではありません。

しかし、日本語を途中ではさまず、英語を英語として扱えるようになるためにはどうしたらいいのでしょう。

Feeling-Free

英語をマスターした人にきいてみよう

英語を英語のまま理解する感覚とは

こちらの「教えてgoo」の記事では、英語を英語のまま理解する感覚とはどのようなものなのか、そしてどうやって英語を英語として理解できるようになったのかという質問に対し、英語をマスターした人からの体験談が綴られています。

英語を英語として理解できる感覚とは、例えば英語初心者の人でも goodbye という言葉を聞いたときに「これは日本語でさようならという意味だから、別れのあいさつをこの人はしているんだな。」などというまどろっこしいことを頭で考えなくても、goodbyeはgoodbyeという意味でそのまま理解することができます。

英語をマスターした人は、このgoodbyeのように直接理解できる英語を1つ1つ地道に増やしていったのだと言います。

英単語を感覚で理解してみよう

英語を直接理解するためには、間に日本語を挟まないことが重要です。

新しい英単語を覚えるときも、英単語に日本語訳をくっつけて覚えるのではなく、イメージと結びつけて覚えるのです。

例えば、bananaという英単語を覚えるときは、イメージすべきものは「バナナ」というカタカナではなく、あの黄色い果物のバナナをイメージするのです。
このような地道な訓練を繰り返すことで、
英語→日本語→英語
という思考のクセを
英語→英語
という直接的な理解に近づけることができます。

学校では、
英語→日本語
あるいは
日本語→英語
の練習ばかりするので、直接英語を理解する練習は初めは難しく感じるかもしれませんが、英語をマスターするために頑張って練習していきましょう!

English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜
English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク