カリグラフィー上達の為の3つのポイント

ちょっとしたメッセージカードや手紙に書けたら素敵なカリグラフィー

最近カリグラフィーは注目を集めているので、趣味で始めた方も多いのではないでしょうか。

しかし、中にはこんな悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

「始めてみたいけど上手くできるようになるか心配。」

「とりあえず道具は買ってみたけど、上手に書けない。」

今回はそんな方におすすめする手軽な上達法を3つご紹介いたします。

スポンサーリンク
【新版】世界で10万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

1.良質な作品をたくさん見てみる

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」から来ているという学説があるそうです。まず人の真似をすることから始めてみましょう。

そのためには、カリグラフィーとはどんなものか、どんな書体があるのか、まずはたくさん見てみましょう!
実際に書くときにイメージしやすくなるはずです。
thankyou

googleの画像検索などでたくさん見てみるのも良いでしょう。
作品集を見てイメージを膨らませるのも良いかもしれません。

カリグラフィー花物語―小田原真喜子オリジナルデザイン集

休日に街を歩いていても、看板、広告、カフェやレストランのメニューなど様々な形でカリグラフィーが取り入れらています。また、カリグラフィーの作品展も各地で開催されていたりします。休日に作品展に行くなんてオシャレですよね。お出かけがてら足を運んでみてはいかがでしょうか?素敵な作品を見ると、モチベーションも上がると思います。

2.まずはカリグラフィーマーカーで練習してみる

「いきなりインクを使ったペンを使うのは敷居が高い」そんな方におすすめです。
はじめはまず、手軽に使えるカリグラフィーマーカーで練習をしてみましょう。

カラフルなペンを使うと気分が上がりますよね。これだけのカラーバリエーションがあれば大抵のものは書けますし、この色も使ってみたい!という風になると思います。

まずはペンを手に取り、カリグラフィー独特の文字に慣れていくことが大切です。

ZIG カリグラフィー2 ペン 12色セット

3.動画を見ながらマネして書いてみる

「本を見ながら練習してみたけど、細かいポイントがわからない。」

「実際にどんな角度で筆を入れているのか知りたい。」

こんな悩みをよく聞きます。
カリグラフィーに限らず、日本の書道もですが実際に書かれている様子を見てマネすることが、上達の近道です。

まずは本を見て練習しようとしている方はぜひ試してください。

カリグラフィー上達する書き方(初心者がすぐに上達するレッスン)


いかがでしたか?
今回はカリグラフィーの手軽な上達法についてご紹介しました。
高額のスクールに通うか迷うより、まずは安価で簡単なこの3つを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする