婚活にも戦略を!女性のための恋愛ビジネスモデルキャンバス

もうすぐ恋愛の秋、婚活の秋ですが、女性の皆さん婚活は上手くいっていますか?
婚活パーティーにいって、こんなくやしい思いしてませんか?

「せっかく良い人とお話できたのに自己アピールが上手くできなかった…。」

「行ったパーティーが、自分のタイプの男性が集まるものじゃなかった…。」

「合コンでみんなの話題についていけず、結局男性と仲良くなれなかった…。」

原因は何だと思いますか?

ずばり、自己分析や相手の分析ができていないことです。

自分の強みは何なのか、どんな相手(殿方)を見つけたいのか、その為にどんなパーティに出るべきか、どんな仲間に協力してもらうのか…

ちゃんと整理できてますか?

party

えっ!?恋愛にビジネスモデル?

こんなとき、役立つツールがあるんです。
1枚の絵でビジネスモデルを簡単に整理することができる。
それが、ビジネスモデルキャンバスです。

bmcanvas-basic-model3

「恋愛にビジネスなんてとんでもない!!!」

いえいえ、ちょっと待ってください。

ビジネスでも恋愛でも、自分の強みをよく知り、どんな相手にどんな方法で自分の価値を届け、最終的に満足してもらうかが大事なんです。
もちろんビジネスでは売上を立たせることが大きな目的ですから、そこは結婚やおつきあいという目的に置き換えてみてください。

恋のビジネスモデルキャンバスを書こう

ビジネスモデルキャンバスでは、下記9つの項目があります。
もともとビジネスモデルを整理する為のものですが、本質的な部分は恋愛と近いものがあります。

①顧客セグメント(Customer Segment)

⇒どんな相手(殿方)に自分の価値を届けたいでしょうか?
ここが曖昧だと、自分が思っている人とは別の男性を狙ってしまうことになります。

②提供する価値(Value Proposition)

⇒相手(殿方)に対してどんな価値を提供するか。
価値というと固い言葉に聞こえますが、そこは自分の強みと考えてみてください。
料理、はたまた一緒にいて安らげることかもしれません。
どんな点を相手は魅力だと思ってくれるでしょうか?あなたはどんな価値を提供できますか?

③チャネル(Channel)

⇒どんな形で相手に価値を届けるか。つまり、出会いの場所、機会と考えてみてください。
本当に顧客セグメントにリーチできるチャネルですか?
理想の殿方が明らかにいないパーティを選んでいませんか?

④顧客との関係(Customer Relation)

⇒顧客セグメントに対して、どのような関係を結ぶのか。
つまり、殿方に対してあなたはどのように接していきますか?
ツンデレ?お姉さんキャラ?しっかりと顧客セグメントに応じた関係性を結んでいきましょうね。

⑤収入の流れ(Revenue Stream)

⇒ビジネスモデルだと収入ですが、ここは自分が相手からもらえる何かしらの価値だと考えてみてください。
どんな形であなたに相手は価値を与えてくれるでしょう?安らぎ?安定した収入?

⑥主なリソース(Key Resource)

⇒このビジネスモデル、つまりあなたの婚活に必要な資源です。
価値提案と少し似ていますが、あなたが殿方をゲットする為にどんなリソースが必要でしょうか。
料理のスキルや場合によっては車かもしれません。

⑦主な活動(Key Activity)

⇒あなたがこの婚活プロジェクトを進めていくにあたって、必要な活動です。
まずパーティに参加したり、積極的にアプローチしなければ成功(おつきあいや結婚)はできないですね。

⑧パートナー(Key Partner)

⇒相手に価値を届ける為に、手伝ってくれる人たちを整理しましょう。
友人?婚活パーティの主催者?あなただけではクリアできないことも、パートナーの力を借りて乗り越えましょう。

⑨コスト(Cost Structure)

⇒あなたがこの婚活を進めていくにあたり発生するコストです。
お金だけではなく、時間や仕事など、負担すべきものはあるはずですよね?


いかがでしたか?
今までこんなふうに恋愛観、婚活に関してのことを整理したことありましたか?

少し強引な部分もあったかもしれませんが、ビジネスと恋愛は似ており、何かしらの形で整理して可視化することはとても大事なのです。
もちろん婚活だけでなく、もちろん今のお仕事のビジネスモデルを整理するのにぴったりです。

ぜひお勉強して、婚活もお仕事も成功させていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク