初心者がビットコインを学びはじめるのにおすすめの本3選

このところ、新聞やニュースではビットコインが話題ですね。

一時世間を賑わたマウントゴックス事件のイメージから、ビットコインはあぶない、いかがわしいものとして遠目にみられてきましたが、このところ見直されてきて、昨年からよくビットコイン元年などと言われますね。2017年4月現在では、月間取引高は12兆円に達し、ユーザー数2000万人を超え、急激に伸びてきています。

また、ビットコインは投資の対象というイメージが強いものでした。ところが2017年4月に改正資金決済法も施行され、7月1日からは、仮想通貨の購入時にかかっていた消費税がなくなることになり、ビットコインの利用がより一層広がると予想されます。

2017年4月5日の日本経済新聞朝刊では、一面に「ビットコイン対応26万店」と掲載され、家電量販店ビックカメラやリクルート系でもビットコインの決済導入が開始されることがニュースになりました。

こんな話題のビットコインを楽しく学び、自分の成長や投資に役立てる場として、ShareWisではオンラインコミュニティ「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」を提供しています。

ここでは特別に、「ビットコインを学びはじめるのにおすすめの本は何ですか?」というスクールの学習者からの質問に、講師の一人であるミス・ビットコイン(株式会社グラコネ代表)藤本真衣さんが答えた内容を引用して、ビットコイン初心者におすすめの本を3冊ご紹介します。

藤本真衣

株式会社グラコネ CEO
ビットコイン寄付プラットフォーム KIZUNA Founder
2014年1月に株式会社グラコネを設立。”繋がるを作る”をコンセプトにイベントプロデュース、マッチングビジネスを中心に活躍。現在は主にビットコイン・ブロックチェーン業界のマッチング、PRコンサルタントとして活動し、ミス・ビットコインの愛称で親しまれている。2017年1月、ビットコイン寄付プラットフォームKIZUNAを立ち上げた。

おすすめ1冊め:『ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』


(藤本真衣さんおすすめのポイント)
こちらの本については、篠原裕幸さん(注:スクール講師の一人)がいつも語っているような話の下地があってから読むと、まさしくそれそれ!と感動しながらすらすらと読めるます!ライブ配信を観てくれている人にはもってこい!です。社会全体に革命的なインパクトを与える可能性について細かく書いてあるし、個人的には既存のビジネスモデルやサービスとの比較で書いてくれているところが、わかりやすかったです(^^)!

おすすめ2冊め:『この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)』


(藤本真衣さんおすすめのポイント)
この本が1冊あれば、どこからどうビットコインを勉強したら良いかが1発でわかる参考書みたいなものですね!

  1. ブロックチェーンの未来と仕組み
  2. 業界動向ビジネスチャンスを探る
  3. 仮想通貨をリアルに体験してみた
  4. キーパーソンの着眼点
  5. 注目キーワード解説
  6. 次世代を担う最短テクノロジー

↑わたしは、特にこの1番と5番は、古くなるような内容ではないので、今から買っても全然遅くないと思います^^

おすすめ3冊め:『WIRED VOL.25/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える』


(藤本真衣さんおすすめのポイント)
先に紹介した『この1冊で丸ごとわかる、ブロックチェーン&ビットコイン』とは真逆というか、WIREDではブロックチェーンやビットコインそのものというより世界的な動きやブロックチェーン、ビットコインのまわりで広がっている空気感、ワクワクするような盛り上がりを感じることができます。『この1冊で丸ごとわかる、ブロックチェーン&ビットコイン』を読んでから、こちらを読むのがおすすめかもしれません。勉強というより、読んで楽しむ本って感じです^^

その他、「ビットコイン・ブロックチェーン スクール」で取り上げられた本より

『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』

こちらは、2017年3月25日に出たばかりの本です。コインチェック株式会社共同創業者兼COOの大塚雄介さんが書かれた本。ビットコインブームと言われる中で知識をキャッチアップするにはぴったりな一冊かもしれませんね。

『ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術』

こちらはゼロからの初心者向けではありませんが、「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」の新講師、今井崇也さんがメインで翻訳された本でビットコイン、ブロックチェーンの技術解説の世界的なバイブル『Mastering Bitcoin』の日本版です。プログラムコードまでカバーしていますが、プログラムマーでなくても十分に理解できる構成になっています。

日本版では、一般層までターゲットを広げ、図や解説がわかりやすく再編集され、原書を超えると評判です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク