4月29日はいつの間にか昭和の日になっていた!

4月に入り徐々に暖かくになってきました。
いよいよGWの足音が聞こえてきましたね。

「昭和の日」は国民の祝日として4月29日に定められています。4月29日は2006年までは「みどりの日」だったので記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

さて、そんなGWの一角をなす「昭和の日」、どうして名前が変わったのか、昭和生まれとして気になったので調べてみました。

4月29日は天皇誕生日だった!?

元々4月29日は昭和天皇の誕生日で「天皇誕生日」という祝日でした。
現在の天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に改定されています。

昭和天皇が崩御された後、祝日として定着していた4月29日を残すため
「生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日」として「みどりの日」が制定されたのです。

なぜ改名されたのか?

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」を趣旨として改名されました。

太平洋戦争、そして敗戦から東洋の奇跡と言われるほどの驚異的な経済成長。
60余年続いた昭和という時代は、まさに激動の時代だったと言えるのではないでしょうか。

ゴールデンウィーク初日

4月29日は、色々な思いや歴史がある祝日だったんですね。
ゴールデンウィーク初日は昭和に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク