スタートアップを成功に導く50の3単語フレーズから10個をピックアップしてみた

3単語の英語フレーズはTripletsと呼ばれ、様々なものがあります。

今回は以下の記事で紹介されていた、スタートアップを成功に導く50の3単語フレーズ(Triplets)から10個をピックアップしてみました。

50 Three-word phrases that can make your start-up a success

threeword_header

1. Hire generalists early.

「なんでもできるやつを早く雇え。」という意味です。
スタートアップはとにかく人手が足りません。自分の専門領域に固執していると、事業を前に進めることは不可能です。ですので、早期に雇うべき人材はなんでもできるやつがいいのです。

2. Hire specialists later.

「専門家を後で雇え。」先ほどの”Hire generalists early.”と対になっているフレーズです。
スタートアップもある程度大きくなると、荒削りな部分をきれいに仕上げ、各業務のクオリティを高めていく必要があります。

3. Persist through downturns.

「逆境を耐え抜け。」という意味です。大半のスタートアップが失敗し、消滅すると言われています。
それほど事業を立ち上げるというのは骨の折れる仕事なのです。逆境を耐え抜く力がスタートアップには必須です。

4. Face harsh realities.

「厳しい現実を直視せよ。」という意味です。現実をしっかりと受け止め、そこから次の一手を考えましょう。

5. Respect your competitors.

「競合を尊重しろ。」自分達のサービスを最高だと信じぬくからこそ、事業を立ち上げる活力が湧いてくるわけですが、だからと言って競合をディスってばかりいてはいけません。同じくサービスの改善に邁進している競合をリスペクトし、そこから多くのことを学びとりましょう。

6. Decide with data.

「データを元に判断しろ。」という意味です。スタートアップは試行錯誤が基本姿勢です。引くか進むかの判断はデータを元に決めないと目指すゴールにいつまでたってもたどり着けないでしょう。

7. Never fudge numbers.

「数字は絶対にでっちあげるな。」という意味です。先ほどの”Decide with data.”とも関連しますが、

8. Nurture your best.

訳が少し難しいですが「自分のベストを育てろ。」という意味です。
自分がベストだと思っているレベルに慢心せず、さらに上を目指すことで、次のステージに到達することができます。

9. Ship then test.

「とりあえずリリースしろ、そしてテストするんだ。」という意味です。
初めから完璧な製品などありません。まずは製品を世に出し、フィードバックを受けながら正しい方向に修正、改善する姿勢がスタートアップには必要です。

10. Keep it fun.

「楽しめ。」つらいこともたくさんあるでしょうが、それでも前を向き、逆境さえも楽しみながら進んでいきましょう。

いかがでしたか、50個全てのフレーズは以下から見ることができます。
どのフレーズがひっかかたかコメントいただけると嬉しいです。

bigger_english_boot_camp

English Boot Camp 〜たった1日で英語が得意になる基礎講座〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク