これだけは押さえよう!英文メールで絶対に意識すべき3Cとは

日本語の文章をそのまま直訳しても、良い英文メールにはなりません。
なぜなら、単語やフレーズ以外にも、文章の構成や、独特なマナーなどがあるからです。

今回は、英語でメールを書く際に意識すべき3Cを紹介します。

EmailInquiry

英文メールの3C

1. Clear

もちろん日本語のメールでも、メールで伝えるべきメッセージを明確にする必要がありますが、英語の場合は特にその傾向が強いと言えます。
どちらにも取れる表現や、読む人によって解釈が異なってしまうような言い回しは避けるべきです。

2. Correct

正しい文法、正しいスペルでメールを書くことは、英文メールでもとても大切なことです。
意味が伝わればそれでよし、という意見もあるかもしれませんが、メールの場合見直す時間があるわけですから、間違ったメールを送る=相手を見直しの時間をかけるほどでもないどうでもいい人物だと思っている、と捉えられる可能性もあります。
また、間違った英文だと、その内容に対する信頼性もゆらいでしまいます。
母国語ではない英語でメールを送るときは、日本語以上に注意を払って送るようにしましょう。

3. Concise

簡潔さはとても大事です。必要のない表現や、重複しているような箇所は、どんどん削っていきましょう。無駄を省いた引き締まった文章が英文メールでは好まれます。

いかがでしたか?
みなさんも英文メールを書くときは、頭に3Cを浮かべて書くようにしましょう。

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク