お祈り確実!英文履歴書を台無しにする10個の英語表現

履歴書でこれを書いたらアウトという言葉があります。
それは日本語でも英語でも同じです。

今回は下記の英文記事から英文履歴書を台無しにする10個の英語表現をご紹介します。

10 Words and Terms That Ruin a Resume

riccardo-sabatini-resume

1. “Salary negotiable”

「給与額は相談に応じることができます」“Salary negotiable”なんてことは採用される側なんですから当たり前のことです。素晴らしい履歴書の内容を書いていたとしても、この1文が現れたとたん台無しになってしまいます。

2. “References available by request”

「レファレンス(前の職場等からの推薦の取り付け)はリクエストがあれば応じます」“References available by request”などという言葉は1つ上の項目でも書きましたが、書かなくていいことです。

3. “Responsible for ______”

「~を担当していた」“Responsible for ______”という言葉は採用担当者に、可もなく不可もなく、という印象を与えるだけです。確かに、その仕事を担当していたのでしょう、ただしそれ以上でもそれ以下でもないのです。「担当していた」は何かを成し遂げたことを意味しません。なのでbe responsible forではなくmanagedやledという強めの言葉を使うようにしましょう。

4. “Experience working in ______”

「~の仕事をした経験がある」“Experience working in ______”は先ほどの項目と同じく、達成したことではありません。あなたの成し遂げたことを履歴書には書きましょう。

5. “Problem-solving skills”

「問題解決スキル」 “Problem-solving skills”だけであればサルでもイヌでももっています。

6. “Detail-oriented”

「細部を重視する」“Detail-oriented” そうですね。誰だって細部を重視することがあるでしょう。履歴書にはもう少しユニークなことを書きましょう。

7. “Hardworking”

誰もがみんな自称「働き者」“Hardworking” です。
もし、本当に自分が働き者であることを説明したいのなら、もっと具体的に、自分が働き者であることによってどのような価値を生み出したのかを説明しましょう。

8. “Team player”

何度も言いますが、履歴書では「言う」のではなく「見せる」のです。誰とも関わらずにできる仕事なんてありません。「チームプレイヤー」“Team player”であることを強調したいのであれば、あなたがどんなチームで働き、どのようにチームを成功に導いたのかを履歴書に書きましょう。

9. “Proactive”

「積極的」“Proactive”という単語はしぼんでしまったバズワードです。
「私は積極的です」と言うのではなく、積極的である私を示すのです。

10. “Objective”

「目的」“Objective”は絶対に履歴書に書いてはいけないものではありません。ただし使うときは注意深く使わないといけません。履歴書の目的が仕事に応募するための場合、わざわざ目的を書く必要はありません。

いかがでしたか?
履歴書を台無しにしないように、これらの10個の単語を避けるようにしましょう!

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク
スポンサーリンク