ネイティブが選ぶ発音しづらい英単語Top10

日本人でも「青巻紙赤巻紙黄巻紙」が言いにくいように、英語ネイティブでも言いにくい英単語があります。

こちらの記事でネイティブが発音しづらい10個の英単語がまとめられているので、ご紹介します。

10 MOST DIFFICULT ENGLISH WORDS TO PRONOUNCE

1038128_people_series

スポンサーリンク
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

1. Rollerblading

ローラーブレードはカタカナで言うのは楽ですが、英語で発音するのはネイティブでも難儀するそうです。そもそもrollerが難しいとのことです。

2. Miscellaneous

「多岐にわたる」や「雑多な」といった意味の形容詞です。色々なところで使える単語ですが、発音も難しいですし、スペルも難しいですね。

3. Caucasian

「コーカサス人の」という意味です。どう発音したらいいのか予想するのも難しいですね。

4. Deterioration

「劣化」とか「荒廃」という意味です。デテレイションやデテリエイションみたいに1音節減ってしまう間違いをしがちです。

5. Refrigerator

ご存知「冷蔵庫」です。日常生活で出てくるものなのに言いにくいですよね。神様はとても優しいようで、”Refrigerator”を”Fridge”と略して言う方法が私たちには与えられています。

6. Otolaryngology

「耳鼻科」です。日本語だと「じびか」と3文字で言えてしまうのに、英語では見るからに恐ろしいスペルをしています。

7. Tremendous

「すごく大きい」という意味です。これってどこらへんが発音が難しいんでしょう。

8. Third

rの発音の恐ろしいバージョンですね。

9. Remuneration

「報酬」という意味です。mとnを間違いそうですし、発音も難しい単語です。

10. Entrepreneurship

「起業家精神」という意味です。元々フランス語の由来の言葉なので、発音が難しいのかもしれません。

いかがでしたか?
他にも発音が難しい単語あるよ!という方はコメント欄によろしくお願いします!

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク
1日で英単語100個覚えるための「RBI記憶法」(英語編)
フレームワークイングリッシュ「英語は『インド式』で学べ!」の安田式英語

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする