英語を暗記しすぎると生じるインプットの罠

停止

インプットは能力が眠った状態

日本人の英語の勉強の仕方はインプットに偏っています。

今は幼稚園位から英会話スクールに行く子どももいるようですが、既に社会人である人も、中学・高校時代だけでみっちり6年間も英語を勉強しています。

さらに受験英語で徹底的に単語や文法を覚えますし、大学でも一般教養として学びます。

これだけで既にかなりの量のインプットですが、使い道を思い返せば、テストや入試のみです。

本質的なアウトプットがなされることはありません。

やがて大人になってから、仕事や海外旅行を通して、英語を話したいなと思うと、やはり多くの人はさらなるインプットに励みます。

ひたすらCDを聞く、テキストをやりこむ、英会話スクールに通う人など、インプットの仕方は様々ですが、実際に「話す」というアウトプットがない点は共通しています。

インプットにはゴールがないので、なんのためにやっているのかが見えなくなり、いずれは挫折してしまいます。

もちろんインプットは無駄ではありませんが、インプットしたことは自動的に自分資産にはならないのです。

英語の勉強は自分資産づくりですが、厳密にいうと「アウトプットなしのインプット」は「含み資産」にすぎません。

インプットのみの勉強は、能力が眠った状態で活用できないということを知っておく必要があります。

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク
スポンサーリンク