【入浴介助】介護おけるお風呂の入れ方まとめ

介護において一番大変であるといえるお風呂での介護の方法

まず、介護の方法の前に入浴する目的を確認しておきましょう。

● 入浴の目的


入浴の第一の目的は体の汚れを落とし、清潔にすることです。免疫力が低下しがちなので衛生面には気をつけましょう。また、湯船に浸かることで、リラックス効果もあります。一日の疲れを取るとともに、血行促進にもなります。

● 入浴前の準備


  • バイタルチェック
    体温、血圧、脈拍、呼吸等が普段安定している時と同じ状態であることを確認しましょう。
  • 排泄を済ませておく
    温かいお湯に触れると緊張がゆるみがちになるので排泄は済ませておきましょう。
  • 食前食後を避ける(とくに食後は厳禁)
  • 気温差をなくす
    温度変化に非常に敏感ですので、浴室、脱衣所の温度を温かくしておきましょう。
  • 浴室内の危険を排除
    滑りやすさ、危険なもの、角などできるだけ危険がないようにしておきましょう。

● 入浴中の注意点


  • 心臓への負担を減らす
    お湯をかけるときはまず、温度の確認をしてかた足元からゆっくりかけていく。
    体を冷やさないようにお湯を適度にかける。
    チェアーを使う際は座る前に温めておく。
    無理して肩まで浸からず、胸下まで浸かる。
  • 滑らないように注意
    浴槽内は特に滑りやすくなっています。介護者だけでなく、介護する側が滑らないように注意しましょう。
    体を支えるときも滑りやすいので注意しましょう。
  • 付きそう
    湯船に使っている時も目を離さず、付き添いましょう。
  • 立ちくらみに注意
  • 洗髪、洗体時はきつくこすらず軽くマッサージするように洗いましょう。
  • 皮膚のダメージに注意
    湿疹、かさぶた、ただれなど確認しておきましょう。
    ひどければ医師へ相談しましょう。
  • 脱水症状に注意
    水分はこまめに取るように心がけましょう。

● 入浴後の注意点


  • できるだけ素早く着替える
    冷えないよう、できるだけ浴室内で体をふき、素早く着替えましょう。
    頭は風を引かないよう、完全に乾かしましょう。(ドライヤーにも注意)
  • 脱衣所からの出る際はできるだけ暖かくしましょう。

無理せず、ゆっくり入浴できるよう頑張りましょう。

スポンサーリンク
一眼レフ・ミラーレス 露出の基本マスター〜シャッタースピード・絞り編〜
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする