【介護接遇マナー】忙しい人のための介護の仕方を学ぶ方法

old-age-360714_960_720

現代において、人口に占める高齢者の割合は社会問題であり、今後も加速していくと言われています。

高齢化社会になると、年金の問題があげられると思いますが、高齢者が増えるともう一つ大きな問題が浮き上がってきます。

それは、高齢者施設の不足です。

医療技術の発達によって寿命が長くなっていることは非常に喜ばしいことですが、増加の勢いが強すぎることで、高齢者施設のキャパシティを上回る現状になっています。

現状、高齢者施設に入るために、何年も待たないといけない施設もあるくらいです。

ご自身に置き換えてみましょう。

もし、近親者が施設に入らないといけない状況になったとして、探してもすぐに入れる確率が低いでしょう。

資金に余裕があるのであれば高額な施設に行けば入れますが、年間数百万もかかることになるのでできるだけ費用を抑えたいですよね。

となると、入居できるまでの間、自宅で介護せざるを得ない状況になります。

ただ、ご自身で介護するにしてもどうすれば良いのかわかりませんよね?

おそらく介護したことがある方にはわかるかもしれないですが、排泄物の処理、食事の与え方、認知症との向き合い方、お風呂の入れ方等どれをとってもできそうでできないものが多くあります。

また、介護しているかたとの接し方も難しいポイントの一つです。

そんな介護の様々な注意点をご紹介します。

・身だしなみ

衛生面にはとくに気をつけないといけません。服に排泄物がついていたり、汚れている場合は清潔な服装に着換えましょう。

・対応

年齢も高くなるといろいろなことに敏感になります。特にビックリさせるようなことはしてはいけません。耳が遠く人が近づいてる気配もわからないので、突然の大声、肩に触れるなどは控えましょう。

・連絡

いつ何が起こるかわかりません。いつでも連絡できる手段を身につけておきましょう。

また、介護者にも緊急時にいつでもわかるよう、ナースコール的なものや、音が出るボタンなど渡しておいたほうが良いでしょう。

・介護ケアの方法

介護の方法は常に新しくなっています。

間違った介護や、自己流の介護は危険です。常に最新の介護情報を手に入れ、介護しましょう。

スポンサーリンク
10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版
世界で7万人が学んだプログラミング講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする