衣服に関するアメリカ英語とイギリス英語の違い 

これから英語を学ぶ際に、イギリス英語を学ぶかアメリカ英語を学ぶかで迷っている方はいないでしょうか。

実際にどんな違いがあるのか、今回は衣服についての英語をいくつか見ていきましょう。

手荷物 -baggageとluggage-

images

手荷物についてアメリカ英語でbaggageと言うことが多いですが、イギリス英語だとluggageを使います。

微妙な表現ですが覚えておきましょう!

リュックサック -backpackとrucksack-

rucksack

backpack(アメリカ英語)については、バックパッカーなんていう人が増えているように、日本人にもなじみがありますよね。

一方、イギリスではrucksackと言います。
知っていましたか?

セーター -sweaterとjumper-

sweater

sweater(アメリカ英語)は当然よく使いますが、jumper(イギリス英語)と聞くと少し違ったジャンパーを思い浮かべますよね。

こんな違いも面白いですよね。

ズボン -pantsとtrousers-

trousers

イギリス英語だと pants は「下着のパンツ」を指すんです!
うっかり間違えないように注意ですね!


いかがでしたか?

着るもの1つとってみてもイギリス英語とアメリカ英語は違うんですね。

ぜひ勉強してみましょう!

bigger_25_a_2nd_for_sample

10時間で英語脳育成プログラム お試し150分

スポンサーリンク
スポンサーリンク