オフコース “of course” だけじゃない!「もちろん!」と快諾する英語表現

海外の友人に「飲みに行こうよ!」と誘われたとき、「もちろん!」と返事したい場合、どのような英語表現が頭に思い浮かびますか?

「もちろん!」 “Of course!”

“Of course!”

が思い浮かんだことが多いのではないでしょうか。a

ちなみにこの Of courseですが、Off course と書くと意味が変わってしまうので注意してください。Of courseは、文字通り「コースの」という意味から派生して、
決まったコース通り → もちそん、その通り
という意味ですが、Off course は逆に「道から外れている」という真逆の意味になります。

「もちろん!」 “Sure!”

さてさて。”Of course!”の他には、

Sure! を使う人は多いのではないでしょうか。

Sureは、Of courseよりもさらに気軽に「もちろん!」という意味のニュアンスが伝えられる便利な単語です。

ちなみにOf courseはSureに比べて、「当たり前でしょ。」というやや上から目線のニュアンスがあるので、偉い人や上司なんかにはあまり使わない方がいいでしょう。

Of course も Sure も「もちろん」を表しますが、せっかくなので、さらに「もちろん!」の表現を追加して、返事のバラエティを増やしましょう!

「もちろん!」 “By all means!”

“By all means!” を「もちろん!」と言いたいときに使ってみてください!

means には「意味」だけでなく「手段」という意味があります。

なので、By all meansは直訳すると「全てあらゆる手段で」という意味になります。ニュアンスとしては、「どんな手段を使ってでも!何がなんでも!」くらいの強調する快諾を表すことができます。

また、日本語の「是非」に置き換えてBy all meansを使うこともでき、”Try it by all means.”と言うと”Try it”「お試しください」 + “by all means”「是非」で「是非、お試しください」という意味になります。

今度「もちろん!」と返事をするときは、”Of course!”でも”Sure!”でもなく、今回覚えた”By all means!”を「是非」使ってみてください! “Try BY ALL MEANS by all means!”

90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

ShareWisの無料の90秒動画で英語を学んでみよう!
90秒で分かるファーストフード店で使える英語表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク